たけのこlabo.

〜自分の人生を歩み始めるブログ〜

海外送金時の為替手数料が無料!トランスファーワイズは、海外移住やワーホリの際に使えそう!

スポンサーリンク

f:id:shi-shi-shimane:20170724154449j:plain

こんにちは、たけのこです。

 

海外に移住する、ワーホリで数年海外に行く、子供が海外留学する。

そんな予定はありませんか?

 

海外渡航にあたり、不安になる一つが「お金」です。

旅行では必要な予算だけ現金を持っていくか、クレジットカードが一枚あれば事足りてしまいますが、長期に移住となると、大量の現金を持ち歩くのは危険ですし、海外送金する手数料も勿体ない、銀行の窓口に赴くのもめんどうですよね。

 

また、タイミングによっては円安で、大量に両替する場合には損することがあります。

 

今回はそんな悩みを解決する海外送金のサイトを紹介します!

 

ネットで簡単に海外送金ができるトランスファーワイズ

今回紹介するのは、ネットで簡単に、そしてお得に海外送金ができるトランスファーワイズという会社のサービスです。

 

簡単にそのビジネスモデルを紹介しましょう。

 

為替手数料は0円

トランスファーワイズの大きな特徴は為替手数料が0円なことです。

通常の海外送金では、日本円の送金手数料と現地通貨への両替の為替手数料が発生します。

 

しかし、トランスファーワイズでなら、為替手数料はかかりません。

 

なぜ為替手数料がかからないのでしょうか。

仕組みはこうです。

TransferWiseでは、1回の海外送金を行う代わりに、2回の国内送金を行います。
例えば、日本円からユーロへ送金したい場合、高額な手数料が必要な一度の海外送金を行うより、二度の国内送金を行うほうが早く、安く送金出来ます。

この場合、お客様へはTransferWiseの日本にある日本円の口座へお振込みを頂きます。
TransferWiseは、ユーロ圏の口座からユーロを払い出します。
ご覧の通り、実際は海外送金は行っておらず、国内で送金をし合っているだけなのです。

https://transferwise.com/jp/

 

例えますと、私たけのこがフランスにいて、妻が日本にいる場合、妻が私にお金をフランスの口座に振り込みたいとします。

その時、妻はトランスファーワイズの日本口座にお金を送金します。するとトランスファーワイズはフランスに持つ口座から私の口座にユーロで送金を実施するのです。

 

国内送金を2回するという意味がわかりましたでしょうか。

 

結果的には海外送金が行われているのですが、トランスファーワイズと消費者間では国内送金を2回しているだけなのです。

 

しかも、現地通貨で国内送金を行うため為替手数料がかからないというわけです。

両替してないですからね。

 

このビジネスが成り立つのは上記の例とは反対の利用者もいるという事です。

つまり、海外から日本に送金する消費者がいるため、常に各国のトランスファーワイズの口座には現金があるという訳ですね。

 

とてもシンプルで革新的な海外送金のシステムだと思います。

 

送金手数料もわずか1% 

トランスファーワイズを使った海外送金で唯一かかる手数料は送金手数料だけです。

しかも、手数料はわずか0.5~1.0%です。

 

ちなみに、他行の手数料と比べてみましょう。

 

三菱東京UFJ銀行

当行あて(ネットバンキング)2500円

他行あて(ネットバンキング)3000円

 

あれ、結構安い?と思いがちですが、当然ながらこの金額には現地通貨に両替する為替手数料が含まれていません。

 

 

その点トランスファーワイズは送金手数料のみで、為替手数料はかからないのです。

 

最新の為替レートで取引できる

またトランスファーワイズの強みは、YahooやGoogleで検索して出てくるリアルタイムの為替レートで取引できることです。

 

為替レートは秒単位で変化します。

 

海外旅行のとき両替するタイミングが円安だとショックですよね。


トランスファーワイズなら最新の為替をチェックして、自分のベストなタイミングで海外送金をすることができます!

そのため、為替レートで損する可能性を低くすることができるのです。

 

送金スピードも速い

トランスファーワイズはネットで簡単に送金ができるため、銀行の窓口に行くことなく、しかも24時間以内に送金が完了します。

 

そのため、独身の方でも日本国内にネットバンクと滞在先の銀行口座を持っていれば、スマホ一つで簡単に海外送金ができてしまうのです。

 

フランスと日本なら9時間の時差がありますから、フランスで夜トランスファーワイズに日本口座から送金すれば、翌日にはフランスの口座にユーロで振り込まれるのです。

 

一般的な銀行では海外送金に4~6営業日かかるとも言われますので、これはかなり便利だと思います。

 

高い信頼性

トランスファーワイズの利用者は既に100万人を超えております。

さらには日本の財務局にも資金移送業者として登録されているため、万が一トラブルが発生しても法務局より100%資金が保証されます。

 

安心して利用できるのがトランスファーワイズの強みにもなっていますね。

 

約40種類の外貨に対応

トランスファーワイズは約40種類の外貨に対応しています。

そのため、ほとんど多くの人は利用が可能でしょう。

AED UAE・ディルハム/ AUD オーストラリア・ドル/BDT バングラデシュ・タカ/ BGN ブルガリア・レフ/ BRL ブラジル・レアル/ CAD カナダ・ドル/ CHF スイス・フラン/ CLP チリ・ペソ/ COP コロンビア・ペソ /CZK チェコ・コルナ/ DKK デンマーク・クローネ/ EUR ユーロ/ GBP 英ポンド/ GEL グルジア・ラリ/ HKD 香港ドル/ HUF ハンガリー・フォリント/ IDR インドネシア・ルピア/ INR インド・ルピー/ KRW 韓国ウォン/ LKR スリランカ・ルピー/ MAD モロッコ・ディルハム/ MXN メキシコ・ペソ/ MYR マレーシア・リンギット/ NOK ノルウェー・クローネ/ NZD ニュージーランド・ドル/PHP フィリピン・ペソ/ PKR パキスタン・ルピー/ PLN ポーランド・ズロチ/ RON ルーマニア・レイ/ RUB ロシア・ルーブル/ SEK スウェーデン・クローナ/ SGD シンガポール・ドル/ THB タイ・バーツ/ TRY トルコ・リラ/ UAH ウクライナ・グリブナ/ USD 米ドル/ VND ベトナム・ドン/ ZAR 南アフリカ・ランド

https://transferwise.com/ja

 

日本人が良く行くメジャーな国でしたら、たいてい問題ありません。

 

ちなみに三菱東京UFJ銀行は12か国です。

 

為替手数料がかからないトランスファーワイズの海外送金

海外旅行に行くとき、事前にチェックしていた為替と両替のレートの違いに動揺したことありませんか?


それは銀行がサービス料として手数料を上乗せしたレートを提示しているからです。

だいたい平均で5%ほどレートに手数料が上乗せされているとも言われます。

 

その点、トランスファーワイズは先ほど紹介した通り為替手数料がかかりません。

実際には両替は行われていませんからね。

 

送金手数料も1%ですから、両替するよりもよっぽど安いです。

良く海外旅行に行く国があれば、現地に口座を作るほうが経済的だと言えますね。

 

これから海外に移住する方、ワーホリで数年海外に行く方、子供が海外留学する方には、安全でとてもメリットがある海外送金の方法だと思います。


是非、その際にはトランスファーワイズを使ってみてください。

 

使い方は、日本のネットバンキングと現地の口座を開設し、そしてトランスファーワイズに登録するだけです。