たけのこブログ

〜自分の人生を歩み始めるブログ〜

360度カメラRICHO THETA。その場にいるような臨場感がおもしろい!

スポンサーリンク

こんにちわ、たけのこです。

 

皆さん、360度カメラはご存知でしょうか。

 

ワンショットでその場にいるような写真が撮れるアイテムです。

実際に撮影してみると、こんな感じ。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

 父が一目見て気に入って衝動買いしていたので、今回はRICHOの360度カメラ「THETA(シータ)」を紹介したいと思います。

 

360度カメラRICHO THETA

f:id:shi-shi-shimane:20170814131913p:plain

RICOH THETA

簡単に、THETAのスペックを紹介してみます。

(THETA SC)

 

大きさ:45.2 mm(幅)× 130.6 mm(高さ)× 22.9 mm

 

重さ:102g

 

有効画素:約1200万画素

 

動画解像度:1920×1080(HD)

 

動画連続撮影:5分

 

内臓メモリー:8GB

 

ざっとこんな感じです。

 

今発売されているのは、「THETA S」と「THETA SC」です。

基本的なカメラの画素数とかメモリーは同じですが、動画の撮影時間がTHETA Sだと25分連続撮影ができ、フレームの材質がちょっと良くなります。

 

ほとんど性能は一緒なので、購入するならTHETA SCで十分でしょう。

ちなみに、うちの父が買ったのはTHETA SCです。

 

これでワンショットするとこんな風にとれます。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

上下左右すべてが映り込んでいるのがわかりますよね。

THETAは本体以外がすべて映るんです。

なんかGoogleのストリートビューみたいですよね。

 

もう集合写真を撮るのに横並びになる必要はありません!

 

また、メモリーも8GBあるので、本体に結構画像を保存できます。

 ただバッテリーが300ショットしか撮影できないので、旅行などの場合は、補助バッテリーを持っておくと安心かもしれませんね。

 

USBで充電できるので、スマホ用の充電器で十分でしょう。

 

動きがあるともっと臨場感を味わえる

360度カメラは静止画でも面白いですが、動画でみるとより臨場感が味わえます。

 

Passing the Eiffel Tower in Paris, France - Spherical Image - RICOH THETA

 

snow_j - Spherical Image - RICOH THETA

※ スマホだとアプリを入れないと見れないようです…

 

従来のビデオカメラだと、カメラを向けた方向しか映りませんが、THETAなら周囲すべてが映るので、撮り逃すことがありません。

 

THETAで撮影すれば、これまで見落としていた風景も映るかもしれませんよ?

 

暗い中でもきれいに撮れる

先日購入した同社のPENTAX‐KPも夜景に非常に強いカメラですが、このTHETAも夜景が綺麗に撮影できます。

 


星空だってこんなに綺麗に撮影できるんですよ!

 

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

しかもTHETAは自動で環境にあったカメラの設定に調整してくれますので、電源を入れてシャッターを切るだけです。

 

Wi-Fiで撮影して直ぐにスマホに転送

THETAにはWi-Fiが付いているので、撮影したそばからスマホに画像を送信できます。

そのため、直ぐにSNSにアップしたり、友人に共有できます。

 

スマホなら専用アプリを起動させるだけで画像をスマホに転送してくれるので、難しい操作は何一つありません。

 

また、Wi-Fiを利用してリモート撮影もできるんですよ。

そのため、離れたところにTHETAを置いて、自分が映らないように撮影することもできるんです。

 

この機能は、野生動物の撮影や不動産屋さんが結構活用しているようです。

 

写真として印刷するなら加工が必要

もちろんカメラなので、撮った写真を印刷することができます。専用の加工アプリもあるので、スマホでも編集可能です。

 

ただし、そのまま印刷するとパノラマ撮影みたいになってしまうので、写真として印刷するならある程度、トリミングして印刷範囲を絞った方がよいと思います。

 

ブログやSNSにアップするのはとても簡単

その場の臨場感が味わえる360度カメラですが、旅行ブログをやっている人には、特におすすめできるでしょう。

 

操作は簡単です。

THETAのアプリを起動します。

f:id:shi-shi-shimane:20170814134030p:plain

 

次に写真を張り付け

f:id:shi-shi-shimane:20170814134150p:plain

 

そしたら、左上の「THETA360.com」をクリックするとログイン画面が出てきます。

f:id:shi-shi-shimane:20170814134338p:plain

FacebookかTwitterアカウントが使えるので登録は直ぐできます。

ログインできたら画像をアップロードするだけです!

 

そしたらTHETA360のサイトにアクセスして埋め込みコードをコピーすればブログに簡単にアップできます。

f:id:shi-shi-shimane:20170814134633p:plain

右下の緑の埋め込みコードをクリックすればコードがコピーできます。

TwitterやFacebookもこちらからアップできますよ。

 

そうすると、こんな感じになるわけです。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

操作性はとっても簡単でいい感じです!

 

360度カメラRICHO THETA。低価格ながら、その場にいるような臨場感を味わえます!

さて、RICHOの360度カメラTHETAを紹介しました。

 

この秋には、4K撮影モデルが発売するそうですが、基本的にはカメラ性能は変わらず、画質も変わらないそうです。

 

初めて購入されるなら廉価モデルのTHETA SCで十分でしょう。

画質も高性能モデルと同じですし、カラーバリエーションも4種類ありますからね。

 

もしかすると、新しいモデルが出る前に購入した方がお得かもしれませんよ。 

 大体、23,000前後が相場と言ったところでしょうか。

自撮り棒はRICHOの正規品としてはないので、セットで購入するのがおすすめです。

 

別になくてもいいですけどね。

変にアクセサリーをつけると、余計なものが映ってしまうということもあるので、無い方が案外いいかもしれません。

 

父が飽きたら、THETAを貸してくれる予定なので、どんどんブログに利用していこうと思います。

皆さんも興味ありましたら是非使ってみてさい!

 

今までにないその場に自分がいるかのような臨場感を味わえますよ!

 

※実際に使ってみました↓↓↓