たけのこlabo.

〜自分の人生を歩み始めるブログ〜

不妊治療を考える前に、全ての人に知って欲しいプレコンセプションケアのこと

スポンサーリンク

f:id:shi-shi-shimane:20170705092610j:plain

いつかのために今できること

「プレコンセプションケア」という言葉をご存知ですか。

 

プレコンセプションケアは将来子供を授かるために、男女それぞれ、夫婦が自分の健康に向き合う取り組みです。

 

今現在、子供を持つ予定がない人、男女、既婚、独身問わず今からできることです。

 

今回はこのプレコンセプションケアについて書きたいと思います。

 

プレコンセプションケアとは

『プレコンセプションケア』によって、女性やカップルがより健康になること、元気な赤ちゃんをさずかるチャンスを増やすこと、さらに女性や将来の家族がより健康な生活を送れることをめざします。

 

プレコンセプションケアは、妊娠を計画している女性だけではなく、すべての妊娠可能年齢の女性にとって大切なケアです。自分を管理して健康な生活習慣を身につけること、それは単に健康を維持するだけではなく、よりすてきな人生をおくることにつながるでしょう。

 

このセンターでは、いつか妊娠を考えるすべての女性とカップルが、あらゆる視点から現在の健康状態のチェックを受け、日々の生活や健康について各分野のスペシャリストたちに相談できることを目指します。このセンターではとくに、現在ご病気をお持ちの方や、小児期にご病気をお持ちだった方からの将来の妊娠・出産についてのご相談、なかなか妊娠しないカップル、妊娠してもこれまでに思うような結果が得られなかったカップルのご相談に力を入れています。また、これまでに妊娠に関する情報が十分ではなかったご病気の妊娠・出産に関する情報を集め、すべての方に妊娠前に知っておいていただきたい最新の情報を、発信していきたいと思います。

 

f:id:shi-shi-shimane:20170705094015p:plain

www.ncchd.go.jp

これは日本で初めてプレコンセプションケアを専門とした国立成育医療研究センターにある専門の診療部門「プレコンセプションケアセンター」の説明です。

 

先進国では妊婦の死亡率は下がっていますが、先天性異常や低体重出産、早産、母体の合併症などによる乳児死亡は減っていないそうです。

 

そのためプレコンセプションケアは、妊娠前から男女が持っているリスクを把握し、それを改善する行動をとることで将来の妊娠、出産時のリスクを減らそうという考え方です。

 

リスクの高い妊娠が増えている

現代では男女共働きにより結婚年齢の高齢化に伴う高齢妊娠や、生活習慣の乱れや高ストレス、栄養バランスの偏り、感染症や慢性的な疾患をもった状態での妊娠によって、ハイリスク妊娠をしている人が増えているそうです。

 

こういった社会の状況があるからこそ、自分の体が持っているリスクを事前に把握し、妊娠前から治療または健康につながる活動が必要なのです。

 

プレコンセプションケアセンターでの取組み

プレコンセプションケアセンターでは2つの取り組みをしています。

①現在の健康状態をチェックしたい人

 →プレコンセプション・チェックプラン

  (検診とカウンセリング)

 

②将来の妊娠・出産について相談したい人

 →プレコンセプション相談外来

 

①の検診料金はベーシックプランで35,000円、学生プランだと28,000円です。

 

どうしても自費診療になるため、少し高額になっていますが、将来の妊娠を想えば決して高い値段だとは思いません。

 

不妊治療を受ける前にまずプレコンセプションケアを

なかなか妊娠できず、不妊治療を受けている方も大勢いると思います。

実際に、結婚年齢の高齢化などさまざまな要因によって、不妊治療を受けているカップルは年々増えているようです。

 

しかし、今、不妊治療によって子供の発達障害などのリスクがあることをわかってきています。

顕微授精に代表される生殖補助医療によって生まれた子は、そうでない子に比べ、自閉症スペクトラム障害であるリスクが2倍である

joshi-spa.jp

 

プレコンセプションケアによって、事前にリスクを把握し適切に治療を進め、健康状態を改善することによって、不妊治療をせずに妊娠をすることができる可能性をあげることができるのです。

 

もし、今、不妊治療を考えられている方は、不妊治療よりも先にプレコンセプションケアを受けて見られてはどうでしょうか。

 

妊娠は女性だけの問題ではない

妊娠は女性だけの問題と考えられがちですが、不妊の原因の半分は男性側にあるとも言われます。

乏精子症、無精子症など、男性にも不妊の原因となる疾患があります。

 

プレコンセプションケアは男性側のリスクを把握するためにも、受けるメリットがあるんです。

 

私がプレコンセプションケアを伝えたい理由

私の妻は、義母が長年にわたる不妊治療によって生まれたかけがえのない命です。

義父と義母の努力なしに私たちは出会うことができませんでした。

また、妻は甲状腺に関わる持病を持っています。

 

私自身も、どの様な不妊リスクを持っているか調べていないのでわかりませんが、何かしら異常がある可能性があるでしょう。

 

そう、私たち夫婦は妊娠にリスクがあると思っており、今はまだ子供を作る予定はありませんが、将来子供を持とうとしたときに思うようにいかないことが既に想定されるのです。

また、不妊だけでなく生まれてくる子供にも障害がでる可能性もあると思っています。

 

不妊治療の苦労とその精神状態は想像もつきません。

でも、不妊と子供が障害を持つリスクを減らし、不妊治療を避けられるのであれば、将来の為にプレコンセプションケアを今のうちから受けようと考えています。

 

私たち夫婦のように将来子供を持とうと考えている方や、今は独身で将来子供を持ちたい方に、将来、不妊治療を選ぶのではなく今できるプレコンセプションケアを受けていただきたいと思うのです。

 

生まれてくるすべての子供のために、すべての男女に知っていおいて欲しい話でした。

 

プレコンセプションケアセンター | 国立成育医療研究センター