たけのこlabo.

〜自分の人生を歩み始めるブログ〜

厚生省がブラック企業を334社公表!まだまだこんなもんじゃないでしょ!

スポンサーリンク

ついに発表された公式ブラック企業!

マイクを握るボーカルの手

5月10日付で厚生労働省から第一回目の「労働基準関係法令違反に係る公表事案」、いわゆるブラック企業が334社発表されました!

 

詳しくはこちらからどうぞ。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf←直リンク

www.mhlw.go.jp

あれ?うちの会社がないぞ。っていうのは置いといて

公表基準は次の通りとなっています。

① 労働基準関係法令違反の疑いで送検し、公表した事案(以下「送検事案」とい う。)

② 平成29年1月20日付け基発0120第1号「違法な長時間労働や過労死等が複数の 事業場で認められた企業の経営トップに対する都道府県労働局長等による指導の 実施及び企業名の公表について」に基づき、局長が企業の経営トップに対し指導 し、その旨を公表した事案(以下「局長指導事案」という。)

長時間労働削減に向けた取組|厚生労働省

 

高橋 まつりさんの自殺で大ニュースになった電通やパナソニック、森永乳業など大手企業もちらほら公表されています。

 

このリストは今後毎月更新され、公表日から1年間は消えないようです。

一度乗ってしまうと企業の印象は悪くなることでしょう。

第五回ブラック企業大賞の企業はどれだけ入ってる?

公的ではありませんが、ネット上で発表されているブラック企業大賞の会社と比べるとどうでしょうか。

1.株式会社エイジス
2.株式会社 電通
3.株式会社 ドン・キホーテ
4.株式会社プリントパック
5.関西電力株式会社
6.佐川急便株式会社
7.サトレストランシステムズ株式会社
8.宗教法人 仁和寺
9.ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)
10.日本郵便株式会社

ブラック企業大賞: ブラック企業大賞とは

厚生省の方には電通くらいしか出てなさそうです。

こういった民間の情報も厚生省は活用してもいいのではないでしょうか。

建設など製造業が多くなりやすい??

公表要件に「労働基準関係法令違反の疑いで送検」があることもあり、事故や災害の多い建設業や製造業、運送業の会社が多く見られます。

 

もちろん安全対策は企業の務めでありますが、業界の性質上発表基準に達しやすいのかもしれません。

 

これは氷山の一角

監督署の調査が進んでいないだけで、今回の発表は氷山の一角です。

まだまだ、長時間労働やパワハラ、残業代未払いなど苦しんでいる労働者がいるはずですので、厚生省にはもっと頑張っていただきたいところです!

 

でもそういう、中央官庁もブラックって噂を聞きますよね。

まずは身内から改善すべきとの意見もありますので、そちらも頑張ってほしいところです。

 

まとめ!!

就職や転職する人にも参考になる情報なので、企業選びにも役立ちそうですね。

 

ただ、今苦しんでいる人は我慢せず、逃げてください。

監督署が来るのを待っていたら手遅れになってしまいます。

自分の身は自分で守りましょう。

 

厚生省のブラック企業の公表は毎月されるという事なので、今後の動向が気になるところです。

 

では!

 

続編

www.amazing-takenoko.com