たけのこlabo.

〜自分の人生を歩み始めるブログ〜

既に2億円の出資を集めた、深い眠りにつく為にあえて重くした掛布団Gravity

【スポンサーリンク】

軽い掛け布団使っている人!眠れないのは布団のせいかも!?

f:id:shi-shi-shimane:20170506055842p:plain

皆さんの掛布団はどの様な重さの布団を使っていますか?

実は重い布団を使った方がよく眠れるという研究結果が出ているんです!

 

体に適度な圧力をかけることは、神経をリラックスさせる効果的な手段なのだそう。つまり、寝ている時も圧力のかかる状態をつくり出すことが、不安を解消し、快眠へと誘う手段という解釈。

「重たい布団」で寝た方が、快眠できる【米・研究結果】 | ガジェット通信

 

だいたい自分の体重の10%程度の重さ、60kgの人では6kgくらいの重量がある布団を使う方が、軽い布団を使用した場合よりも睡眠ホルモンセロトニンが多く分泌されるのです!

 

今回はあなたの体重の10%であるように調整する布団「Gravity」を紹介します!

「Gravity」は5月5日現在約2億円の出資を集めているKickstarterの大注目商品です!

 

なぜ重い布団ではより深く眠れるのか

 やや重みを感じる程度の布団を使うと、全身に圧迫刺激が加わり、包まれているような気分を得ることができるんだそう。それは母親の胎内にいた時の記憶。優しく抱きしめられている感覚を得られるそうです。

「重たい布団」で寝た方が、快眠できる【米・研究結果】 | ガジェット通信

 

ハグには人をストレスから解放する効果があるといわれますが、人間は本能的に何かに包まれることによって安心感がえられるようになっています。

 

重い布団を使うことによって、睡眠ホルモンのセロトニンがより分泌され、さらに安心した気持ちで眠りにつくことができ、更にストレス物質のコルチゾールを減らす効果もあります!

 

まさにストレス社会で戦う方に重い布団は必須アイテムなんです!

 

ちなみに医療現場でもこの効果から重い布団を使う事例が増えているようです。特に眠れない人に対して大きな効果が得られているとのこと。

 

睡眠の質が不足することによるリスク

睡眠が不足するとストレス物質コルチゾールを減らせず、日中の生産性が低下し、糖尿病、肥満、さらには心臓病のような長期的な健康問題につながる可能性があります。

 

重い布団を使うことは、単に気持ちよく寝るためではなく、健康のためにも非常に有効な手段なのです。

 

眠るために科学的にベストな掛布団Gravity

 

 www.kickstarter.com/

 Gravityは医学研究や自閉症、PTSD、および不眠症のような深刻な病気の人へ加重毛布の影響を研究した上に開発されていました。

 

今回 Gravityはあなたの体重に合わせて15・20・25ポンド(約7kg、9kg、11kg)のサイズが用意されており、その重さは体全体に均等にかかるよう設計されています!

 

そのためちょっと体重に対して布団が重すぎるかな?

と思うかもしれませんが、

実際に布団がかかっている部分にしか荷重は掛かりませんので問題ありません。

 

カバーは超ソフトなマイクロファイバーを使っているという事なので、肌触りは間違いなく気持ちいです!

洗濯もできるようなので清潔にも使えそうですね。

インナーカバーも綿100%とのことから湿気も溜まりにくく作られています。

 www.kickstarter.com/

Gravityは単に重たいだけでなく素材にもこだわった布団なのです。

 

今世界で大注目のGravity!既に2億円の出資を集めています!

Gravityのプロジェクトは2017年5月5日現在、目標金額の2万1千ドルに対し、約1万人の出資者から既に約200万ドルの出資が集まっていますので、出資はほぼ確実です!

 

これだけの注目プロジェクトであり、製品の内容からも成功可能性は非常に高いプロジェクトでしょう!

 

169ドルでGravityが1枚貰えます。日本までの送料は30ドルですので約22,000円くらいですね。

 

出資期限は2017年5月31日AM10:00までとなっていますので、

検討されている方はお早めに出資ください!

www.kickstarter.com

 

では!