たけのこブログ

〜自分の人生を歩み始めるブログ〜

「Carpet Art Oasis」ペルシャ絨毯がセール価格で買えるドバイ・ショッピング・フェスティバル

スポンサーリンク

f:id:shi-shi-shimane:20180111082822j:plain

こんにちは、たけのこです。

 

世界屈指の絨毯イベント「Carpet Oasis2018」に行ってきました。

そこはこれまで見たことのない最高級品のペルシャ絨毯や、値段のつけられないようなアンティーク品が並んでおり、まるで美術館のような空間でした。

 

今回はドバイでひっそりと行われているこのイベントを紹介します。

 

「カーペット アート オアシス」ペルシャ絨毯がセール価格で買えるドバイ・ショッピング・フェスティバル

「Carpet Art Oasisカーペットアートオアシス」とは?

f:id:shi-shi-shimane:20180111081615j:plain

UAEで年末から1月中旬ごろまで開催されるドバイショッピングフェスティバル(DSF)。ブランド物から何から何まで町中がセールになる一大イベントです。

 

買い物をすると抽選で高級車が当たる豪華抽選会も開催されています。今年の商品は日産のスカイラインのようでした。

別の抽選会場ではBMW i8(約2000万円)が商品になっていましたね。

 

そんなDSFが開催されている中、ワールドトレードセンターでひっそりと開催されているのが「Carpet Art Oasis」。

展示会場の総面積は8000㎡におよび、展示される絨毯の数はなんと20万点におよびます。

しかもそのうち80%は手織りのものなんです。

 

UAEはイラン(ペルシャ)から一番近い位置にある国で、年に一度この1ヶ月間はイラン国内にしかないペルシャ絨毯屋がこの会場で直売をしているのです。

そのため、高級品のペルシャ絨毯がイランのマーケット価格で買えるというセール会場なんですね。

 

「Carpet Art Oasis」の行き方

「Carpet Art Oasis」はドバイのワールドトレードセンターで開催されています。

ドバイメトロのワールドトレードセンター駅から徒歩5分ほどです。

 

入口にはこのようなモニュメントがあるのでわかりやすいと思います。

f:id:shi-shi-shimane:20180111085111j:plain

営業時間は午前10時から夜10時まで。

ただし金曜日は16時からのオープンとなります。

(アラブの週末は金曜日なのです)

 

「Carpet Art Oasis」に入ってみた

f:id:shi-shi-shimane:20180111085318j:plain

 「Carpet Art Oasis」に入るともうそこは絨毯の世界。

大小さまざまな絨毯が展示されています。

 

驚くのは平気で通路に高級絨毯が敷かれていること。

現地の方々は靴で歩いちゃいますが、私のような平民はびくびくしてよけて歩いていました。

 

それにしても、目につくペルシャ絨毯がどれも本当に素晴らしい。

絨毯に特別詳しくはありませんが、デザイン性、デザインの細かさ、素材の艶、肌触り、どれをとっても素晴らしいものばかりです。

 

ただ歩いていると必ずといっていいほど店員さんに声をかけられます。

そして、山積みになった絨毯を一枚一枚見せられ、気に入ったものを別に広げていきます。

f:id:shi-shi-shimane:20180111090055j:plain

そうするとそこから商品の特徴が説明されるんですね。

 

特に今回驚いたのは絨毯一つ一つに生産者の名前が縫われていること。

ペルシャ絨毯は手作りで1年以上かけて1枚が作られると聞いていましたが、高級絨毯の生産者は個人事業主が多いようです。

 

そのためバイヤーは良い生産者をどれだけ抱えられるかがポイントなのでしょうね。

作る手間を考えると安い買い物か

f:id:shi-shi-shimane:20180111092425j:plain

ペルシャ絨毯というと高級品は100万~数千万したりします。

でも製作の手間と技術を知るとそれだけの価値があると思えてきます。

f:id:shi-shi-shimane:20180111090736j:plain

この絨毯は1m×1.5mのサイズ。

これでおいくらだと思いますか?

 

デザインは非常に細かく丁寧に作られています

f:id:shi-shi-shimane:20180111090902j:plain

f:id:shi-shi-shimane:20180111090826j:plain

お値段は言い値で約90万円。

交渉でまだまだ落とすことはできると思いますが、このお値段です。

 

素材はシルク100%で、糸は600色も使い分けているそうです。

また通常の絨毯は1年で作られるものが多いですが、この作品は5,6年の歳月をかけて作られたものということ。

 

美しいだけでなく、とにかく肌で触れると気持ちがいいんです。

お金があれば即買いしていたかもしれません。

 

ペルシャ絨毯は時が経てば経つほど価値が上がっていきます。

50年物の作品では1000万以上の価値が付くことも。

資産の一つにもなるかもしれませんね。

 

値段交渉

f:id:shi-shi-shimane:20180111091510j:plain

「Carpet Art Oasis」での買い物は、とにかく相手との交渉です。

一通り商品の説明が終わりこちらから値段を聞くと言い値を教えてくれます。

 

そのうえで値段交渉に入るのですが、必ずといっていいほど

「いくらなら買うか?」と聞かれます。

ここからが難しい。

 

安すぎる値段を提示すれば相手に嫌がられるし、高い値段で買うのも惜しい。

それにものの価値がわからないと、値段はつけられないものです。

 

でも粘るに粘ってから、他の店に行こうとするとベストプライスを出してもらえたりします。

更にそこからもう一歩話し合うと落としどころにつくといった具合。

 

ここでの買い物は値段交渉を楽しむのがポイントかもしれませんね。

とにかく言い値で買うのはもったいないです。

「Carpet Art Oasis」に行ってみよう

f:id:shi-shi-shimane:20180111092621j:plain

「Carpet Art Oasis」は高いものではとんでもない金額のものから、1万円くらいで買えるものもそろっています。

ただ絨毯を見て説明を聞くだけでも楽しい場所です。

バイヤーさんはとにかく知識が豊富。

ここで一日見て回るだけでも、良いものを見分ける目を鍛えられますよ。

 

今回特に驚いたのは、大きさが3m四方くらいある100年以上のアンティーク作品。時代が経っても色あせず美しい絨毯に見とれてしまいました。

絨毯のバイヤーさんも「絨毯は芸術品」だと胸を張っていましたね。

 

絨毯が欲しい人も、興味がない人でも一度は訪れると素晴らしい発見がある場所です。

ブルジュハリファからも近いので、是非ドバイに行くときにタイミングが合えば行ってみてください。